チラシのサイズを考える|効果的な宣伝をする方法|フライヤー印刷を専門に行っている業者

効果的な宣伝をする方法|フライヤー印刷を専門に行っている業者

カラーチャート

チラシのサイズを考える

男性

現在はリスティング広告も、利用者が増えているために、思うような成果を出すことができなくなっています。リスティング広告で成果を出すためには、多くの広告宣伝費が必要になるために、最近はフライヤー印刷が見直させてきています。フライヤーを配ることで、手にした人には確実に宣伝や広告を伝えることができます。昔から一般的に行われている手法なので、ターゲットは違和感なく受け取ってもらえるでしょう。職種や扱う商品に関係なく、宣伝や広告を行うことができる手段です。

フライヤー印刷の宣伝効果を少しでも高めるためには、まずサイズを決めてください。A1サイズなどの大きなサイズでは、沢山の情報を掲載させることができるために、宣伝効果を高めることができます。通常よりも大きいサイズにすることで、消費者にインパクトを与えることもできます。しかし、フライヤー印刷では、効果的なサイズが存在していて、大きければいいというものではありません。

街頭で手配りする際に適したサイズがありますし、新聞の折込チラシに適したサイズがあります。街頭で手配りする際には、大きいサイズにした場合は邪魔になってしまいますので、誰も受け取ってもらえないでしょう。さらに、新聞の折込チラシの場合は、新聞に収まりの良いB3かB4サイズにすることが一般的になっています。印刷代金も考えて、フライヤー印刷するサイズを決めることが大事になります。コンテンツや情報量だけなく、効果的な宣伝が行えるサイズにするといいでしょう。